日本植民地研究会共催 研究会開催のお知らせ

 拝啓 初冬の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の要領で日本植民地研究会が共催致します、研究会につきまして、開催の御連絡を申し上げます。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

・日本植民地研究会共催・「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」研究会
・日程:2013年1月13日(日)13:30~17:00 
・場所:立教大学池袋キャンパス本館2階 1203教室(下記の地図を御参照下さい)

・趣旨説明 13:30-13:35 白木沢旭児(北海道大学)

・報告1:13:35-14:20
 劉含発(山形大学兼任講師)「日本人「開拓団」の入植による中国人の被害」

・報告2:14:20-15:05
 寺林伸明(北海道開拓記念館)「「満洲開拓団」の日中関係者に見る“五族協和”
の実態」

・休憩:15:05-15:15

・報告3:15:15-16:00
 辻弘範(北海学園大学)「在朝日本人の記憶と記録」

・質疑応答:16:00-17:00

<主催>
科研費基盤研究(B)「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」(研究代表者:白木沢旭児)

<趣旨説明>
 北海道在住の近代史研究者を中心に科研費基盤研究(B)「日中戦争下の中国東北農民と日本人「開拓団」との関係史、および残留帰国者の研究」(研究代表者:寺林伸明、平成18年度~21年度)という共同研究を行ってきました。本共同研究では、北海道民の満洲移民に着目し、日本人「開拓団」関係者、中国在住の「開拓団」所在地の現在の住民、残留帰国者など多数の方々に直接面会してインタビューを積み重ねてきました。その研究成果は、今年度末に研究成果報告書として刊行される予定です(別に科研費の出版助成も申請中)。
 昨年度からは、上記の科研を受け継ぐ形で、対象地域を朝鮮、樺太にも広げて基盤研究(B)「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」が開始され、今回の研究会はこちらの科研が主催となっております。
 今回の研究会はこれまで取り組んできた満洲移民に関する共同研究の成果2本と、今後、科研で取り上げる植民地朝鮮に関する研究報告1本です。これまでは札幌で集まっておりましたが、関東在住のみなさまのご批判も乞うべく東京にて開催させていただきました。
 日本植民地研究会のみなさまに厚く御礼申し上げます。
c0212042_13285147.gif

[PR]

# by sjcs | 2012-12-04 13:30 | →関連研究会のご案内

近現代東北アジア地域史研究会大会 開催のおしらせ

 2012年度近現代アジア東北地域史研究会大会が以下の要領で開催されますので御連絡申し上げます。
--
・第22回近現代東北アジア地域史研究会大会プログラム

 日時 : 2012年12月8日(土) 10:00~18:00(懇親会18:30~20:30)
 場所 : 國学院大学渋谷キャンパス120周年記念1号館 1104教室[午前]/1103教室[午後]

  【午前の部】10:00(受付開始9:30)~12:10

1.「開会の辞」

2.個別報告 報告者(所属)「報告タイトル」1104教室(10:00~12:10)

 (1) 通堂 あゆみ氏(武蔵高等学校中学校教諭)
    「『帝大モデル』移植からみる植民地朝鮮の医界と学閥について」

 (2) 梅村 卓  (明治学院大学非常勤講師)
     大沢 武彦(国立公文書館 公文書専門官)
     松村 史紀(宇都宮大学国際学部講師)
    「『戦後満州』という問題設定(仮)」

  《昼 食 12:10~13:30》

  【午後の部】13:30~18:00

1.総会(事務局「会務報告」)(13:30~14:00)場所:1103教室

2.シンポジウム
・テーマ 「満洲国史研究の現状と課題-研究史の総括と今後の展望-」
 満洲国建国から80年が経過した現在、満洲国史研究はもはやジャーナリスティックな考察対象ではなく、学術研究の研究課題となっている。満洲国史研究がこれまで、どういう問題意識から、どのような課題を考察してきたのか、経済史、外交史、政治史の側面から検証する。そして、各報告者が考える、今後の展望について言及する。

(1).趣旨説明:塚瀬進(長野大学環境ツーリズム学部教授);14:00~14:20
(2).経済史:平山 勉(映画専門大学院大学准教授);14:20~15:05
(3).外交史:鈴木仁麗(早稲田大学中央ユーラシア歴史文化研究所招聘研究員);15:10~15:55
<休憩>16:00~16:20
(4).政治史;樋口秀実(國學院大學文学部准教授) ;16:20~17:05
(5).全体討論;17:05~17:45

3.「閉会の辞」

4.懇親会
 [時間]18:30~20:30(大会終了後)
 [会場]國學院大學若木タワー・有栖川宮記念ホール
 [会費]一般;5,000円、院生・学生;3,000円(予定)

 〔事務局〕
 〒186-8601 国立市中2-1 一橋大学経済学部 江夏由樹研究室気付 近現代東北アジア地域史研究会
  ※E-mailでのお尋ねは、広川佐保(hiros★human.niigata-u.ac.jp)宛にご連絡下さい。
   (送信の際は★を@に変更してください)。

【会場交通アクセス】
  渋谷駅(JR山手線・地下鉄・京王井の頭線・東急各線)から徒歩約13分
  ※大会会場:國學院大学渋谷キャンパス
c0212042_2054313.gif

c0212042_20542872.jpg

[PR]

# by sjcs | 2012-12-03 21:04 | →関連研究会のご案内

2012年度秋季研究会 一部報告論題・司会者変更の件

 前略
 11月24日に立教大学で開催される日本植民地研究会秋季研究会におきまして、一部、報告論題と司会者の変更が行われますので、御連絡申し上げます。

報告1 13:00-14:30
  金 広植(東京学芸大学)
  「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」
  コメント/植野 弘子(東洋大学)  司会/飯塚 靖(下関市立大学) → 山本裕(香川大学)に変更。

報告2 14:45-16:15
  大熊 智之(日本学術振興会特別研究員/北海道大学・院)
  「近代日本における移植民教育の展開と拓殖大学」 → 「「植民学校」としての拓殖大学―その教育の特色と変遷」に、報告論題変更。

 以上です。
[PR]

# by sjcs | 2012-11-22 17:16 | →関連研究会のご案内

2012年度秋季研究会開催のお知らせ

 拝啓 深秋の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の要領で本年度の秋季研究会を開催いたします。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

 また、春季研究会(2013年2月23日開催予定)、ならびに、2013年7月開催予定の全国大会での報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。

・2012年度秋季研究会
日時/11月24日(土)13:00~18:00
場所/立教大学池袋キャンパス 12号館地下1階 第2会議室(下記の地図を御参照下さい)

報告1 13:00-14:30
  金 広植(東京学芸大学)
  「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」
  コメント/植野 弘子(東洋大学)  司会/飯塚 靖(下関市立大学)

報告2 14:45-16:15
  大熊 智之(日本学術振興会特別研究員/北海道大学・院)
  「近代日本における移植民教育の展開と拓殖大学」
  コメント/飯窪 秀樹(横浜国立大学非常勤講師)  司会/安達 宏昭(東北大学)

報告3 16:30-18:00
  車 恩姃(一橋大学客員研究員)
  「在朝日本人の「小学校時代」―1930-40年代の京城を中心に―」
  コメント/橋本 みゆき(立教大学非常勤講師)    司会/井村 哲郎(国際日本文化研究センター)

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

c0212042_1655743.gif

[PR]

# by sjcs | 2012-11-01 16:56 | →関連研究会のご案内

『日本植民地研究』第24号発刊のお知らせ

c0212042_14471150.jpg

[論文]
韓国併合前後における「迷信」概念の形成と統治権力の対応(宮内彩希)…1

[研究ノート]
「租界行政」における派閥間の確執・抗争
 ―1930年代の天津日本専管租界を中心に―(松村光庸)…20

[書評]
老川慶喜・須永徳武・谷ヶ城秀吉・立教大学経済学部編
『植民地台湾の経済と社会』(やまだあつし)…36
堀井弘一郎著『汪兆銘政権と新国民運動―動員される民衆―』(関智英)…40
金富子著『継続する植民地主義とジェンダー
       ―「国民」概念・女性の身体・記憶と責任』(橋本みゆき)…46
鄭成著『国共内戦期の中共ソ連関係―旅順・大連地区を中心に―』(飯塚靖)…51

[会報]
第19回全国研究大会・報告要旨
[PR]

# by sjcs | 2012-09-27 14:49 | →年報『日本植民地研究』

2012年度秋季研究会 報告者・報告論題決定のお知らせ

 拝啓 秋涼の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 11月24日に立教大学で開催されます、2012年度の秋季研究会につきまして、報告者と報告論題が決定致しましたので御連絡申し上げます。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので、ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

 なお、各報告の司会・コメンテーターが新たに決定次第、また、改めて御連絡申し上げます。
 また、春季研究会(2013年2月23日開催予定)、ならびに、2013年7月開催予定の全国大会での報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。

日時/11月24日(土)13:00~18:00
場所/立教大学池袋キャンパス 12号館地下1階 第2会議室(下記の地図を御参照下さい)

報告1 13:00-14:30
  金広植(東京学芸大学)
  「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」
  コメント/調整中  司会/調整中

報告2 14:45-16:15
  大熊智之(北海道大学大学院・日本学術振興会特別研究員)
  「近代日本における移植民教育の展開と拓殖大学」
  コメント/調整中  司会/調整中

報告3 16:30-18:00
  車恩姃(一橋大学客員研究員)
  「在朝日本人の「小学校時代」―1930-40年代の京城を中心に―」
  コメント/調整中  司会/調整中

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

c0212042_1827741.gif

[PR]

# by sjcs | 2012-09-25 18:28 | →全国大会・研究会

2012年度秋季・春季研究会 開催日程決定のお知らせ

 拝啓 盛夏の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の日程で、2012年度の秋季・春季研究会を開催いたします。
 開催日程以外の情報が新たに決定次第、また、改めて御連絡申し上げます。
 また、秋季、もしくは春季研究会で報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。

・2012年度日本植民地研究会 秋季研究会
開催日:2012年11月24日(土)
開催時間:13時~18時(予定)
開催場所:慶應義塾大学三田キャンパス(予定)

・2012年度日本植民地研究会 春季研究会
開催日:2013年2月23日(土)
開催時間:13時~18時(予定)
開催場所:立教大学池袋キャンパス(予定)


■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)
[PR]

# by sjcs | 2012-07-31 18:49 | →関連研究会のご案内

第20回全国研究大会のお知らせ

拝啓 入梅の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

以下の要領で2012年度の全国研究会を開催いたします。
研究会終了後は懇親会を予定しておりますので、ご出席いただければ幸いです。
また、会員でない方の参加も歓迎します。
お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

第20回全国研究大会

・日程:7月8日(日)
・場所:立教大学池袋キャンパス 11号館A203教室
・費用:2012年度会費:¥4,000(会員)
    大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
    懇親会費:¥6,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

9:30 受付開始

【自由論題】
報告1 9:50-10:40
    細谷 亨(日本学術振興会特別研究員)
   「アジア・太平洋戦争下における「満洲」農業移民の動員形態」
    司会/加藤聖文(国文学研究資料館)

報告2 10:40-11:30
    蕭 建業(ハーバード大学・院)
   「帝国の「実験室」―採炭技術と撫順炭鉱を中心に」
     司会/飯塚靖(下関市立大学)

報告3 11:30-12:20
 高松 夏央(北海道大学・院)
   「「帝国人口問題」と植民地朝鮮―1920年代~1930年代前半を中心に」
    司会/木村健二(下関市立大学)

12:20-12:45 会員総会
12:45-13:45 休憩

【共通論題】「帝国日本の熱狂・ホスピタリティ・アイロニィ」
司会/谷ヶ城秀吉(立教大学)

・代表委員挨拶 13:45-13:50 鈴木 邦夫(埼玉大学)
・問題提起 13:50-14:00 平山勉(映画専門大学院大学)

報告1 14:00-14:40 坂上康博(一橋大学)
「スポーツ:朝鮮サッカーを中心に」

報告2 14:40-15:20 劉文兵(映画専門大学院大学)
「映画:満州映画に見る中国人労働者の表象」

休憩 15:20-15:30

報告3 15:30-16:10 千住一(奈良県立大学)
「観光:南洋群島における内地観光団を事例に」

コメント1 16:10-16:30
倉沢愛子(慶應義塾大学)

コメント2 16:30-16:50
丸川哲史(明治大学)

討論 16:50-18:00

懇親会 18:30-20:30 夜来香 FORMOSA 池袋店 TEL 03-3590-2773   

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)
c0212042_1471288.gif

c0212042_147397.gif

[PR]

# by sjcs | 2012-06-16 01:48 | →全国大会・研究会

経営史学会中部ワークショップのお知らせ

 第55回経営史学会中部ワークショップが以下の要領で開催されます。

<日 時> 2012年7月14日(土) 13時30分~17時00分
<場 所> 名城大学 天白キャンパス 10号館 3階・第三会議室
      (地下鉄鶴舞線 「塩釜口」駅・1番出口・徒歩約8分)
  ・交通アクセス:http://www.meijo-u.ac.jp/guide/access.html
  ・施設案内:http://www.meijo-u.ac.jp/campus/shisetsu/tenpaku.html

<合評会>
1.谷ヶ城秀吉『帝国日本の流通ネットワーク』
            (日本経済評論社,2012年)をめぐって
   《報   告》  立教大学  谷ヶ城秀吉
   《コメント》  大阪大学  ばん沢歩

2.田中彰『戦後日本の資源ビジネス』
            (名古屋大学出版会,2012年)をめぐって
   《報   告》  名古屋市立大学   田中彰
   《コメント》   東北大学       菅原歩

【非会員の方も,ご自由にご参加下さい】
【共催:名城大学地域産業集積研究所/政治経済学・経済史学会東海部会】

★研究会終了後に,懇親会を開催します。ふるってご参加下さい。

経営史学会中部ワークショップ事務局
 466-8673 名古屋市昭和区山里町18 南山大学経営学部
 TEL 052-832-3111 FAX 052-832-2140
 e-mail okabe[アットマーク]iid.gr.jp
 担当幹事:岡部桂史(南山大学)

c0212042_1826656.gif

[PR]

# by sjcs | 2012-06-01 18:29 | →関連研究会のご案内

会員著書刊行のお知らせ(2012年2月~2012年3月)

c0212042_13535435.jpg


谷ヶ城秀吉『帝国日本の流通ネットワーク―流通機構の変容と市場の形成』(日本経済評論社、2012年2月)

[目次]
序章 問題の所在
第Ⅰ部 2つの帝国と台湾
第1章 数量的概観
第2章 帝国日本の形成と台湾―中国間経済関係―1890年代末~1900年代―
第3章 台湾―中国間経済関係の再編過程―1900年代末~第1次世界大戦前後期―
第4章 植民地商人の活動と機能
第Ⅱ部 帝国日本の流通ネットワーク
第5章 流通機構の形成と植民地行政
第6章 総合商社の活動と競争構造
第7章 植民地商人と総合商社の競争構造
終章 結論


c0212042_13545120.jpg



河西晃祐『帝国日本の拡張と崩壊―「大東亜共栄圏」への歴史的展開』(法政大学出版局、 2012年3月)

[目次]
序章 「大東亜共栄圏」という視点
第Ⅰ部 一九一〇〜一九三〇年代の南方進出の展開
第1章 南洋スマラン植民地博覧会と大正期の南方進出
第2章 半官半民の南方進出──南洋協会と大正期南方進出の展開
第3章 民間事業を装う国家事業
第Ⅱ部 帝国秩序の再編と「大東亜共栄圏」構想
第4章 帝国秩序情報と民族運動評価の変遷
第5章 外務省による「大東亜共栄圏」構想の形成
第6章 日米交渉と「大東亜共栄圏」問題──「井川交渉」を中心に
第Ⅲ部 「大東亜共栄圏」問題の諸相
第7章 「大東亜共栄圏」における「自主独立」問題の共振
第8章 「大東亜共栄圏」と文化人
第9章 「大東亜共栄圏」と学問/言説
終章 「大東亜共栄圏」とは何だったのか
[PR]

# by sjcs | 2012-06-01 13:57 | →刊行物・会員著書