<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『日本植民地研究』第25号発刊のお知らせ【2014.3.4更新】

c0212042_17195965.jpg


[特集論文]帝国日本の熱狂・ホスピタリティ・アイロニィ
問題提起(平山勉)
植民地下朝鮮におけるサッカー
  ―民族の表象をめぐる闘争と熱狂―(坂上康博・金虎君)
映画のなかの「満州国」
  ―「啓民映画」における植民地主義的眼差し―(劉文兵)
南洋群島における内地観光団をめぐる「内的心情」(千住一)

[論文]
帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け
  ―田中梅吉と佐山融吉を中心に―(金広植)

[研究動向]
戦後東アジアの地域秩序を考える
  ―松村史紀『「大国中国」の崩壊』を読んで―(加藤公一)

[書評]
山本有造著『「大東亜共栄圏」経済史研究』(倉沢愛子)
三井文庫編(鈴木邦夫執筆)『三井事業史 本編第三巻下』(山村睦夫)
河西晃祐著『帝国日本の拡張と崩壊
  ―「大東亜共栄圏」への歴史的展開』(安達宏昭)
平岡昭利著『アホウドリと「帝国」日本の拡大
  ―南洋の島々への進出から侵略へ―』(三木理史)
富澤芳亜・久保亨・萩原充編著『近代中国を生きた日系企業』(金子文夫)
小林元裕著『近代中国の日本居留民と阿片』(柳沢遊)
三ツ井崇著『朝鮮植民地支配と言語』*(イ・ヨンスク)
近藤正己・北村嘉恵・駒込武編『内海忠治日記1928-1939
 帝国日本の官僚と植民地台湾』(野口真広)
谷ヶ城秀吉著『帝国日本の流通ネットワーク
  ―流通機構の変容と市場の形成』(竹内祐介)

* 第25号表紙記載のタイトルに誤りがありましたので訂正いたします。
 『植民地支配と言語』 → 『朝鮮植民地支配と言語』
[PR]

by sjcs | 2013-07-08 17:14 | →年報『日本植民地研究』

2013-2014年度役員

会員各位

2013年7月7日(日)に日本植民地研究会会員総会を開催し、2013-14年度役員を以下のように選出しました。

【代表理事】
木村 健二(代表理事・下関市立大学)

【理事】
井村 哲郎(国際日本文化研究センター)
中見 立夫(東京外国語大学)
三ツ井 崇(東京大学)
谷ヶ城 秀吉(名城大学)
山本 裕(香川大学)

【監査委員】
奈須 恵子(立教大学)

また、引き続き開催された理事会では、事務局長・編集委員長・研究企画委員長の選出および各委員の委嘱を行いました。

【事務局】
局長/山本 裕
局員/千住 一(奈良県立大学)  竹内 祐介(立教大学)

【編集委員会】
委員長/三ツ井 崇
委員/飯塚 靖(下関市立大学)  高岡 裕之(関西学院大学)  湊 照宏(大阪産業大学)

【研究企画委員会】
委員長/谷ヶ城 秀吉
委員/平山 勉(慶應義塾大学訪問准教授)  細谷 亨(日本学術振興会特別研究員)  加藤 圭木(日本学術振興会特別研究員)

以上、宜しくお願いいたします。
[PR]

by sjcs | 2013-07-08 17:06 | →お知らせ