<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本農業史学会2013年度研究報告会開催のお知らせ

 日本農業史学会2013年度研究報告会が以下の要領で開催されますので、御連絡申し上げます。
---
 日本農業史学会2013年度研究報告会のお知らせ

 前略 時下ますますご清祥のことと存じます。2013年度の日本農業史学会の内容が確定いたしましたのでお知らせ申し上げます。万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようお願い申し上げます。                                         敬具

                   記

日時 2013年3月28日(木)午前9:20より(昨年度より10分繰り上がっております)
場所 東京農業大学世田谷キャンパス1号館333教室
http://www.nodai.ac.jp/map/setagaya/index.html

1 個別報告

第1報告 9:20~10:05  
「植民地樺太の資源開発と移住者による農山漁村落の形成発展―1920・30年代を中心に― 」
中山大将(北海道大学スラブ研究センター・日本学術振興会特別研究員PD)

第2報告 10:05~10:50
「『世界農業遺産』の日本における展開―農業史の視点から―」
永田明(国連大学サステイナビリティと平和研究所)

休憩(10:50~10:55)

第3報告 10:55~11:40
「昭和戦時期における行政村の政策執行体制―長野県下伊那郡河野村・下久堅村の事例を中心として―」
坂口正彦(日本学術振興会特別研究員PD)

第4報告 11:40~12:25
「日本の農民はいかにして稲の新品種を育成したのか―耐冷・良食味米『亀の尾』の発見・育成過程を中心に―」
平野綏(元茨城大学)

昼食(12:25~13:20)

第5報告 13:20~14:05
「隣保相扶と町民動員―昭和13年阪神大水害における復旧・復興への町会活動を中心に―」
加藤尚子(独立行政法人農業環境技術研究所)

2 シンポジウム 14:15~17:45  

テーマ:日本帝国圏における農業資源開発―「資源化」と総力戦体制の比較史―
座  長:「シンポ解題-課題と構成」
野田公夫(京都大学農学研究科)

第1報告:「『満洲』農業移民と北海道農法」
今井良一(親和女子大学非常勤講師)

第2報告:「 戦時期南洋群島における資源開発の変容―熱帯資源開発から軍事基地建設へ―」
森亜紀子(京都大学農学研究科博士課程)

第3報告:「戦時期華北における農業問題」
白木沢旭児(北海道大学文学研究科)

第4報告:「ナチス『帝国圏』における農業資源開発―戦時ドイツの食糧自給政策と『東方拡張0stexpansion』―」
足立芳宏(京都大学農学研究科)

3 総会

 報告会終了後、懇親会を予定致しております。是非ご参加ください。会費は4,000円(一般会員)・2,000円(院生会員)を予定しています。なお、会場準備の都合がございますので、事務局松本まで、emailにて3月4日までにご出欠予定をお知らせ願います。 以上


〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農業史研究室
日本農業史学会事務局
松本武祝/藤原辰史/戸石七生
amat@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
---
c0212042_1953872.gif

[PR]

by sjcs | 2013-02-16 19:06 | →関連研究会のご案内

2012年度春季研究会開催のお知らせ

 拝啓 春寒の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の要領で本年度の秋季研究会を開催いたします。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

 また、初夏開催予定の全国大会、10-11月頃開催予定の秋季研究会で報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。


・2012年度日本植民地研究会 春季研究会
開催日:2013年2月23日(土)
開催時間:13時~18時
開催場所:慶應義塾大学三田キャンパス北新館1階 会議室
(※下記の地図の、「1」の建物です)

報告1 13:00-14:30
  全 永彬(東京大学・院)
  「観光にみる帝国日本と戦後日本」
  コメント/高 媛(駒澤大学) 司会/鈴木 邦夫(埼玉大学)


報告2 14:45-16:15
  林 英一(日本学術振興会特別研究員[早稲田大学])
  「戦犯の孫:日本を事例として」
  コメント/内海 愛子(大阪経済法科大学・恵泉女学園大学名誉教授)
  司会/安達 宏昭(東北大学)

報告3 16:30-18:00
  細谷 亨(日本学術振興会特別研究員[慶應義塾大学])
  「戦時期における「満洲」分村移民と母村の変容―長野県諏訪郡富士見村を事例に―」
  コメント/永江 雅和(専修大学) 司会/山本 裕(香川大学)

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

c0212042_18221688.jpg

[PR]

by sjcs | 2013-02-16 18:22 | →全国大会・研究会

日本移民学会2012年度ワークショップⅡ開催のお知らせ

 日本移民学会2012年度ワークショップⅡが以下の要領で開催されますので、御連絡申し上げます。
---
・日本移民学会2012年度ワークショップⅡ
「日本帝国崩壊期『引揚げ』の比較研究」

・ワークショップ趣旨

 日本の敗戦を前後する時期の国際関係の変化にともない、大日本帝国を構成した地域社会あるいは日本人社会が多大な変容を迫られるなかで、そこで暮らしてきた人びとが、従来の関係をどのように維持、発展あるいは切断し、生き延びようとしたのか、また権力政治に規定されつつもこれをどのように変化させようとしたのかを、「引揚げ」という行為を通して比較史的に検討する。

▶日時:2013年3月30日(土)13時~17時30分

▸場所:法政大学市ヶ谷キャンパス:外濠校舎5階S505 (下記の地図をご参照ください)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

・司会:木村健二(下関市立大学)

1.問題提起:今泉裕美子(法政大学)・・・・・・・・・・・・・ 13:00-13:10

2.「パラオ諸島における『引揚げ』」(1943~46年):今泉裕美子(法政大学)・・・・・・・・・ 13:10-13:40

3.「沖縄出身者の『引揚げ』-1945~46年を中心に-」
:榮野川 敦(うるま市史編纂室)・・・・13:40-14:10

4.「日系アメリカ人と国外退去(deportation)-強制立退き・収容政策再考-」(1945~46年):村川庸子(敬愛大学)・・・・・・・・・・・ 14:10-14:40

5.「在日朝鮮人の『帰国』-1945~46年を中心に-」:宮本正明(立教大学)・・・・・・・・・・14:40-15:10

6.「日本残留中国人-戦後の札幌華僑社会を築いた人たち-」:曽士才(法政大学)・・・15:10-15:40

休憩:20分

・コメント(16:00-16:30)
1.蘭 信三氏(上智大学)10分
2.貴堂嘉之氏(一橋大学)10分
3.野入直美氏(琉球大学)10分

・総合討論60分(16:30-17:30)
---
c0212042_16432990.jpg

[PR]

by sjcs | 2013-02-03 16:44 | →関連研究会のご案内