<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第18回全国研究大会のお知らせ

拝啓 入梅の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

以下の要領で2010年度の全国研究会を開催いたします。
研究会終了後は懇親会を予定しておりますので、ご出席いただければ幸いです。
また、会員でない方の参加も歓迎します。
お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

日時/7月4日(日)9:30~18:00
場所/立教大学太刀川記念館3階多目的ホール
費用/2010年度会費:¥4,000(会員)
    大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
     懇親会費:¥7,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

9:30 受付開始

【自由論題】
報告1 10:00-10:50
    崔 誠姫(一橋大学・院)
   「植民地期朝鮮における中等教育機関の設立―期成会を中心に―」
    司会/奈須 恵子(立教大学)
報告2 10:50-11:40
    中村 秀司(台湾師範大学・院)
   「東郷実の植民論―民族問題を主として―」*タイトルが変更されております。
    司会/加藤 聖文(国文学研究資料館)

11:40-12:10 会員総会
12:10-13:10 休憩

【共通論題】「日本の植民地支配をどのように捉えるのか―帝国支配の共時性と固有性―」
司会/疋田 康行(立教大学)

代表委員挨拶 13:10-13:15 井村 哲郎(新潟大学)
問題提起    13:15-13:25 柳沢  遊(慶應義塾大学)

報告1 13:25-14:05
    何 義麟(台北教育大学)
   「日本による台湾植民地経営の成功論とその伝承」
報告2 14:05-14:45
    木畑 洋一(成城大学)
   「イギリス帝国と日本帝国―比較と関係の視座―」

休憩 14:45-15:00

報告3 15:00-15:40
    石井 寛治(東京大学)
   「帝国主義日本の膨張戦略」
コメント1 15:40-16:00
    加藤 陽子(東京大学)
コメント2 16:00-16:20
    河西 晃祐(東北学院大学)*コメンテーターが変更されております。
討論 16:20-18:00

懇親会 18:30-20:30 夜来香 FORMOSA 池袋店 TEL 03-3590-2773   

■問い合わせ先
〒171-8501  東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学経済学部 谷ヶ城秀吉
TEL (03)3985-4115   FAX (03)3985-4096
E-MAIL h-yagashiro[at]rikkyo.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)


[PR]

by sjcs | 2010-06-04 22:56 | →全国大会・研究会

現代史サマーセミナーのご案内

下記セミナーの開催をご案内致します。

-----------------------------

共催:現代史サマーセミナー事務局、同時代史学会研究会委員

今年もまた現代史サマーセミナーの季節がやってきました。今回は、2010年3月16日、国立歴史民俗博物館に新しくオープンした第6展示室「現代―戦争と平和・戦後の生活革命」と特集展示「アメリカに渡った日本人と戦争の時代」の見学とそれに関するディスカッションが中心となっております。
国立歴史民俗博物館が戦争の時代を含む初めての現代史展示室を開設したことを機会に第6展示室をじっくり見学できるサマーセミナーを企画致しました。
ぜひご参加いただければ幸いです。もしよろしければ、ご関心ある方々にもご紹介・お誘い(本文の転送など)いただければ大変ありがたく存じます。 

<日時> 2010年8月9日(月)、10日(火)
1日目は午後1時に国立歴史民俗博物館入口にお集まり下さい。解散は2日目の12時予定です。
<見学先>
国立歴史民俗博物館
 TEL 043-486-0123(代表)  〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
 ※月曜日は通常閉館ですが、9日はサマーセミナーのため、特別に開館して頂きます
〔懇親会〕 (JR佐倉駅近辺を予定しています)
〔宿泊先〕 ▼佐倉第一ホテル(JR佐倉駅より徒歩2分)
 TEL 043-484-5000  〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台1-13-1
<日程>
◆1日目 国立歴史民俗博物館見学
現代史展示室の担当スタッフである国立歴史民俗博物館の安田常雄氏、原山浩介氏から解説を受けながら見学していきます。
13:00 国立歴史民俗博物館入口集合
13:10~ 第6展示室「現代―戦争と平和・戦後の生活革命」と特集展示「アメリカに渡った日本人と戦争の時代」の見学(安田氏と原山氏による解説)
15:30~ 休憩
16:00~ 自由見学
17:00  見学終了(佐倉第一ホテルに宿泊される方は、一度ホテルに立ち寄りチェックインをして頂きます)
18:30~ 懇親会(JR佐倉駅付近)
懇親会終了後、佐倉第一ホテルにて宿泊

【解説者】
安田常雄氏(国立歴史民俗博物館/総合研究大学院大学)  
原山浩介氏(国立歴史民俗博物館)
 
◆2日目 現代史展示に関する研究会
1日目に見学した現代史展示に関して、立命館大学国際平和ミュージアムの兼清順子氏より簡単なご報告を頂き、今後の現代史展示に関する議論を行います。
9:30(予定) 国立歴史民俗博物館 大会議室集合
9:30~  現代史展示に関する問題提起(兼清順子氏)
10:00~ 全体討論(途中休憩含む)
12:00(予定) 解散

【報告者】
兼清順子氏(立命館大学国際平和ミュージアム)
【コーディネーター】
吉田裕氏(一橋大学)  
【共催】
・現代史サマーセミナー事務局
同時代史学会研究会委員  
歴博までの交通案内
1日目は国立歴史民俗博物館現地集合となりますので、ご注意ください。
(1)京成佐倉駅からお越しの場合
 A)京成佐倉駅南口より徒歩15分
 B)南口1番乗場から、ちばグリーンバス(約5分)
 田町車庫行、京成臼井駅、志津駅行、四街道駅行のいずれかに乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」で下車
(2)JR佐倉駅からお越しの場合
 北口1番乗場から、ちばグリーンバス(約15分)
 田町車庫行か京成佐倉駅行に乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」で下車
<宿泊費、資料代>
▼6,500円
 ※2日目の朝にホテルで朝食をとる場合は、別途800円(合計で▼7,300円)を頂きます。
 (詳しくは下記の要領に従って事前に振込をお願い致します。)
 懇親会費(予定)4,000円前後(懇親会時に集めさせて頂きます。)
 1日目終了後に佐倉第一ホテルに宿泊されない場合は、▼資料代500円のみ見学時に集めさせて頂きます。予めご了承ください。

<申込・支払方法>
 期限までに、下記の郵便貯金口座に参加費をお振込ください。振込手数料は各自負担でお願いします。
▼申込の際には、電子メールまたは封書で以下の事項をお知らせください。
 gendaisiss@yahoo.co.jp

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
・お名前(フリガナ)
・所属
・研究主題(40字以内)
*以上の3事項は、1日目に配布する「参加者一覧」に掲載させて頂きます。
・電子メールアドレス
・郵便番号
・住所
・電話番号
・1日目の夜の懇親会 ( 参加する / 参加しない )
・宿泊先に関して 佐倉第一ホテルでの宿泊を( 希望する / 希望しない )
・2日目の朝食に関して ホテルでの朝食を( 申し込む / 申し込まない )
 ※ホテルでの朝食を申込まれる方は、参加費をお振込みになる際、6,500 円ではなく7,300円となりますので、お間違いの無いようお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■郵便貯金口座(記号)10000(番号)6856491(名義)吉田 裕〈ヨシダ ユタカ〉
■宛先 現代史サマーセミナー事務局
 gendaisiss@yahoo.co.jp
 〒186-8601 東京都国立市中2-1 一橋大学大学院社会学研究科吉田裕研究室気付
 ファクシミリ番号 042-580-8907
 ※お問い合わせは、電子メールまたはFAXでお願いします。
▼支払・申込期限 2010年6月30日(水)
 期限までに支払・申込をお済ませください。
 宿舎の部屋の数に限りがあるので、定員になり次第、締め切らせて頂きます。
▼お問い合わせ
 何かご不明の点、または特に必要とされることがありましたら、上記、現代史サマーセミナー事務局までご連絡ください。
 以上、どうかよろしくお願い致します。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
[PR]

by sjcs | 2010-06-04 22:55 | →お知らせ