<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年度秋季研究会開催のお知らせ

以下の要領で本年度の秋季研究会を開催いたします。
研究会終了後は忘年会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。

日時/12月19日(土)13:30~17:50
場所/立教大学12号館地下1階 第1会議室(下記の地図をご参照ください)

報告1 13:30-14:50
    鈴木 哲造(台湾師範大学・院)
   「日本の台湾統治初期における医師の構造的特質」
    コメント/松本 武祝(東京大学)  司会/小林 元裕(新潟国際情報大学)
報告2 15:00-16:20
    李 光宰(早稲田大学・院)
   「『韓国電力』に与えた日本の影響―1965年以降を中心に―」
    コメント/小林 英夫(早稲田大学) 司会/須永 徳武(立教大学)
報告3 16:30-17:50
    高江洲 昌哉(神奈川大学・非)
   「教員志望学生の植民地理解と教材化の実践」
    コメント/安達 宏昭(東北大学)  司会/谷ヶ城 秀吉(立教大学)

忘年会 18:30-20:30
   「串酒蔵 日吉丸2号店」 
   東京都豊島区池袋2-2-7 本州ビル1F TEL 03-3986-3159
     
■問い合わせ先
〒171-8501  東京都豊島区西池袋3-34-1 立教大学経済学部 谷ヶ城秀吉
TEL (03)3985-4115   FAX (03)3985-4096
E-MAIL h-yagashiro●rikkyo.ac.jp(●を@に変えてお送りください)


[PR]

by sjcs | 2009-11-12 11:10 | →全国大会・研究会

イベントのお知らせ

c0212042_112133.jpg

下記イベントが開催されますのでご案内いたします。

ドキュメンタリー上映と講演『緑の地平線―台湾少年工の物語―』

第二次世界大戦中に台湾から8000 余名の少年たちが日本に派遣され、海軍工員として軍用機の生産に従事した。彼らは日本でどのような生活を送り、戦争をどう捉えたのか、そして戦後、異なる社会や体制下でいかに生き抜いていったのか。「緑の海平線」は高齢に達した元少年工の記憶を辿りながら、公的な文書の残されることのなかった東アジアの歴史を記録したドキュメンタリーである(『緑の海平線』HP http://www.quietsummer.com/Emeraldhorizon/index.html)。

日時/2009年11月24日(火)15:10~
場所/神奈川大学湘南平塚キャンパス 1号館250教室(下記の地図をご参照ください)
参加無料・申し込み不要

15:20-15:40
何義麟(国立台北教育大学)
「台湾近現代史概説」
15:40-16:40
上映『緑の地平線―台湾少年工の物語―』
16:50-17:10
監督による解説(郭亮吟)
17:10-17:40
出演者との座談会(林文瑞、元台湾少年工・新疆大学元教員)
17:40-
質疑応答

主催/神奈川大学国際経営学会
問い合わせ先 神奈川大学湘南平塚キャンパス 泉水研究室
TEL 0463-59-4111 内線2221
E-mail sensui-hidekazu●kanagawa-u.ac.jp(●を@に変えてお送りください)


[PR]

by sjcs | 2009-11-12 11:06 | →お知らせ

国際シンポジウムのお知らせ

c0212042_15261034.jpg

以下の国際シンポジウムの開催をお知らせいたします。

研究集会「帝国の拡大とアーカイブズ」

日時/2009年12月20日(日)開場 9:30
     午前の部 10:00~12:00 午後の部 13:15~17:00 入場無料
場所/立教大学太刀川記念館3階多目的ホール(下記の地図をご参照ください)

(午前の部)
 加藤 聖文(国文学研究資料館)
 「問題提起:帝国の支配構造とアーカイブズ制度―連関性と補完性の視座―」
 鈴江 英一(元国文学研究資料館)
 「辺境に蓄積するアーカイブズ―内国植民地北海道の文書における国家と地方―」
 高江洲 昌哉(神奈川大学)
 「対馬島庁設置の史料学的接近」

(午後の部)
 東山 京子(学習院大学・院)
 「台湾総督府文書のアーカイブズ学的研究―皇太子訪台関係文書を中心に―」
 チェ・ウォンギュ(釜山大学校)
 「朝鮮総督府が作成した土地関係帳簿の類型と性格」
 キム・ギョンナム(学習院大学)
 「旧帝国と旧植民地記録の再認識」

主催/日本アーカイブズ学会、科学研究費補助金基盤研究(A)「旧日本植民地・占領地関係資料
     ならびに原爆関係資料のアーカイブズ学的研究」
連絡先/〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 学習院大学文学部高埜研究室気付
      日本アーカイブズ学会事務局
      FAX:03-5992-1156 E-mail:office●jsas.info(●を@に変えてお送りください)


[PR]

by sjcs | 2009-11-07 12:25 | →お知らせ