<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

国際ワークショップのお知らせ

以下の国際ワークショップの開催をお知らせいたします。

c0212042_14164117.jpg

千葉大学大学院人文社会科学研究科国際ワークショップ
The Empire Strikes Back ; A Comparison of the Domestic Impact of War on Japan and the United States

日時/2009年11月28日(土)13時~
場所/渋谷区アイビスビル10階 世界史研究所スカイラウンジ
講演者/ルイーズ・ヤング(ウィスコンシン大学マディソン校)
使用言語/英語・日本語

主催/千葉大学大学院人文社会科学研究科大学院GP
    「実践的公共学実質化のための教育プログラム」
共催/世界史研究所
連絡先/千葉大学大学院人文社会科学研究科教育支援室
      担当 崎山直樹 sakiyama●shd.shiba-u.ac.jp(●を@に変えてお送りください)
          043-290-3823

This seminar will explore the connections between overseas aggression and domestic politics through a comparison of two twentieth century cases: the Japanese invasion of Manchuria in the 1930s and the American invasion of Iraq at the turn of the twenty-first century. The term “blowback” was invented by the U.S. secret service—the CIA— to refer to the unintended consequences of American actions abroad. Applied more broadly to twentieth century history, the term captures the ways that episodes of military adventurism and acts of empire building come back to haunt the societies that undertake them. Both the transformative impact of overseas aggression and the hangovers of a failed empire are conditions that emerged with particular clarity in twentieth century Japanese history. We see this in the story of fascism and militarism in the 1930s and 1940s as well as the changes that defeat and decolonization set in motion in postwar Japan. Such transformations are characteristic of empire in modern times: we think of imperialism as something that happens "over there” , but it also happens on the home front. Imperial powers do not just change the countries they occupy; they change their own societies as well.
Although the Japanese invasion of Manchuria and the American invasion of Iraq are separated by seventy turbulent years--during which the world was remade in the aftermath of World War Two, Africa and Asia were decolonized , and the Cold War began and ended--nevertheless there remain striking similarities between the two events. In both cases war fever broke out soon after the invasion was announced, gripping popular culture and leading to shifts in the institutional configuration of the mass media. In both cases, the invasion offered opportunities for political groups to "take over” organs of government. In Japan, the military increased its influence over politics; in the U.S., the Neo-Conservative Movement rose to power. Both political shifts inaugurated a new era of unilateralism in foreign policy and a turn to military tactics over diplomacy. In the name of the war effort, both governments carried out atrocities against “the enemy,” war crimes that were at the very least tacitly supported by home populations. In all these ways, the two cases offer suggestive lessons for understanding the legacies of empire for Japan and America.


[PR]

by sjcs | 2009-10-26 14:19 | →お知らせ

年報『日本植民地研究』第22号論文投稿に関するお知らせ

現在,年報『日本植民地研究』第22号(2010年6月刊行予定)への投稿(論文,研究ノート)を受け付けております。
投稿要領は以下の通りです。

1. 日本植民地研究会の会員はどなたでも投稿できます。
2. 原稿枚数はジャンル別に下記のような限度があります(400字原稿用紙換算、注・図・表を含む)
   論文70枚  研究ノート50枚
3. 投稿原稿は2部お送りください。
4. 投稿原稿は編集委員会で審査を行います。
5. 採用された場合には、改めてWordや一太郎のテキスト・ファイル形式の本文をいれた3.5インチのフロッピィ・ディスクと図表の清書稿をお送りください。

詳細な執筆要領は,『日本植民地研究』に掲載されております。会員の方は本誌をご覧下さい。

■送付先/連絡先
 日本植民地研究会事務局
 〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1  立教大学経済学部 谷ヶ城秀吉研究室
 h-yagashiro●rikkyo.ac.jp(●を@に変えてご送付ください)

■締切日
 2009年11月末までにe-mailにて投稿を申請したのち,2009年12月末までに上記送付先まで完成稿をお送りください。
[PR]

by sjcs | 2009-10-21 20:10 | →年報『日本植民地研究』

会員著書刊行のお知らせ(2009年7~9月)

c0212042_18541640.jpg

加藤聖文『「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年―』(中央公論新社,2009年7月)

[目次]
序 章 ポツダム宣言―トルーマンの独善とソ連の蠢動
第1章 東京―「帝国」解体への道
第2章 京城―幻の「解放」
第3章 台北―「降伏」と「光復」のあいだ
第4章 重慶・新京―「連合国」中国の苦悩
第5章 南洋群島・樺太―忘れられた「帝国」
終 章 「帝国」崩壊と東アジア

c0212042_18552032.jpg

小林英夫『ノモンハン事件―機密文書「検閲月報」が明かす虚実―』(平凡社,2009年8月)

[目次]
序 章 最果ての地ノモンハン
第1章 国境紛争の歴史
第2章 ノモンハン事件戦史
第3章 検閲から見るノモンハン事件
第4章 一人歩きしていく事件の虚像
終 章 事件があらためて問いかけるもの

c0212042_18562073.jpg

堀和生『東アジア資本主義史論Ⅰ―形成・構造・展開―』(ミネルヴァ書房,2009年9月)

[目次]
課題と方法
第Ⅰ部 東アジア資本主義の形成
第1章 近代世界経済と東アジア
 第2章 朝鮮貿易の構造と展開
 第3章 台湾貿易の構造と展開
 第4章 満洲貿易の構造と展開
第Ⅱ部 東アジア資本主義の構造
 第5章 日本貿易の構造と展開
 第6章 東アジアにおける資本財貿易
 第7章 日本帝国論
 第8章 華北市場と日中経済関係
 第9章 上海の経済発展と日本帝国
第Ⅲ部 大戦後における東アジア資本主義の展開
 第10章 植民地の独立と工業の再編成
 第11章 戦後東アジア資本主義の再編成
[PR]

by sjcs | 2009-10-18 13:09 | →刊行物・会員著書

『日本植民地研究』第21号発刊のお知らせ

c0212042_1334428.jpg

[論文]
植民地朝鮮における情報化―1906~1919年の電信・電話ネットワークを中心に―(李昌玟)…1

[研究ノート]
「決戦体制」下の「大東亜建設審議会」と鉱産資源開発(安達宏昭)…17
1920年代の「満州」農業開発と東亜勧業株式会社(白田拓郎)…31

[書評・研究動向]
『日本植民地研究の現状と課題』と『イギリス帝国と20世紀』(河西晃祐)…43

[書評]
田中隆一著『満洲国と日本の帝国支配』(秋山淳子)…56
岡部牧夫編『南満洲鉄道会社の研究』(柴田善雅)…60
金洛年編、文浩一・金承美訳、尾高煌之助・斎藤修訳文監修『植民地期朝鮮の国民経済計算 1910-1945』(李昌玟)…69
春山明哲著『近代日本と台湾―霧社事件・植民地統治政策の研究―』(谷ヶ城秀吉)…74

[会報]
第16回全国研究大会・報告要旨
[PR]

by sjcs | 2009-10-01 15:32 | →年報『日本植民地研究』