<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年度秋季研究会報告者公募のお知らせ

■ 2009年度秋季研究会の日程は、以下の通りです。

期日:2009年12月19日(土)13:00-18:00(予定)
会場:立教大学12号館B1第1会議室
報告時間:40分程度

報告を希望される方は事務局までご連絡ください(会員のみ)。
申込期限:10月末日

事務局
立教大学経済学部 谷ヶ城研究室
171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
03-3985-4115
h-yagashiro●rikkyo.ac.jp(●を@に変えてお送りください)
[PR]

by sjcs | 2009-09-28 18:00 | →全国大会・研究会

日本植民地研究会のご案内

■ 当会では以下のような活動を行っております。

1. 研究会会活動
 春期、秋期研究会を行っております。
    
2. 全国研究大会活動
 毎年6月末か7月上旬に東京で全国研究大会を開催 

3. 機関誌活動
 日本植民地研究会編『日本植民地研究』ISSN0915-0951を研究大会開催時期に研究年報として刊行しています。論文・研究ノートは会員のみ投稿資格があり、レフェリー制による審査を経て掲載します。

日本植民地研究会会則
日本植民地研究会の沿革
■ 役員
■ 全国研究大会
 ・2008年まで
 ・2009年
■ 『日本植民地研究』
 ・投稿要領・執筆要綱
 ・バックナンバー 第18号まで/第19号以降
入会のご案内/会費振込先
学会連絡先
[PR]

by sjcs | 2009-09-28 17:04 | →関連研究会のご案内

日本植民地研究会編『日本植民地研究の現状と課題』(アテネ社、2008、3780円)発刊のお知らせ

c0212042_1858252.jpg

近年、植民地に関する研究はポストコロニアル研究や帝国研究の高まりの中で、かつてない多様性を生み出している。
 2006年6月の第14回日本植民地研究大会の成果を下にして、大幅に新しい内容を加えた本書では、戦前の「大日本帝国」における公式・非公式帝国の各植民地(朝鮮、台湾、樺太、南洋群島、満州)ごとの研究の現状を明らかにするのみならず、「帝国主義論」や「ポストコロニアル研究や帝国研究」といった研究視覚の変遷をも踏まえて、今後の日本植民地研究のあるべき方向性を提示していきたい。

第1章 帝国主義論と植民地研究(岡部牧夫)
第2章 ポストコロニアリズムと帝国史研究(戸邉秀明)
第3章 朝鮮(三ツ井崇)
第4章 台湾(谷ヶ城秀吉)
第5章 樺太(竹野学)
第6章 南洋群島(千住一)
第7章 満州(山本裕)
[PR]

by sjcs | 2009-09-28 16:48 | →刊行物・会員著書