カテゴリ:→関連研究会のご案内( 13 )

関連研究会のご案内:メディア史研究会第257回月例研究会

関連研究会(メディア史研究会)のご案内です。問い合わせは、下記連絡先にお願いします。
-----

第257回 月例研究会のお知らせ

 第257回の月例研究会では、有山輝雄会員が、日清戦争と日露戦争の戦間期に、日本による朝鮮・韓国の情報通信の支配が、韓国の抵抗、ロシア・清国との対立のなかで曲折しながら進行した過程を報告します。メディア史研究会はまったく自由な研究会ですので、会員以外の方でも、もし報告内容にご関心があれば、どうぞ気楽にご参加下さい。

【忘年会のお知らせ】
 月例研究会の終了後、17:30から、懇親会を兼ねて「和風イタリアン創作料理ねこのしっぽ 」(千代田区西神田2-1-3 トービケンビル2F TEL 03-3239-5300 )で忘年会を開催しますので、是非ご参加ください。忘年会のみ参加の方も歓迎ですので、その場合は、当日の14:00までに飯塚までその旨をご連絡ください(メール=携帯へ転送されます:koichi0202@tba.t-com.ne.jp 携帯TEL 080-4800-9096)。

主 題:「日清戦争後の日本の朝鮮通信支配政策」
発表者:有山輝雄
司会者:本田毅彦(京都女子大学文学部教授)
日 時:2015年12月19日(土)14:00~
会 場:日本大学法学部三崎町キャンパス 本館2階 第2会議室

 JR総武線・中央線「水道橋」駅下車 徒歩3~4分
 都営地下鉄三田線「水道橋」駅下車 徒歩3~4分
 都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車 徒歩5分

[報告者紹介]
 1943年、神奈川県生。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。主要著作として、『徳富蘇峰と国民新聞』(吉川弘文館)、『近代日本ジャーナリズムの構造 大阪朝日新聞白虹事件前後』(東京出版)、『占領期メディア史研究 自由と統制・1945年』(柏書房)、『甲子園野球と日本人 メディアがつくったイベント』(吉川弘文館)、『戦後史のなかの憲法とジャーナリズム』(柏書房)、『海外観光旅行の誕生』(吉川弘文館)、『陸羯南』(吉川弘文館)、『「中立」新聞の形成』(世界思想社)、『近代日本のメディアと地域社会』(吉川弘文館)、『情報覇権と帝国日本』I・II(吉川弘文館)、など。

[報告の概要]
 2013年に刊行した拙著『情報覇権と帝国日本』I、IIは、開国によって西欧情報覇権に組みこまれた日本が西欧の覇権を桎梏と感じだし、それに挑戦し、自らも一つの情報覇権をめざすようになるが、結局は挫折するという過程を描いた。その「あとがき」で、日本の情報覇権を言いながら、朝鮮半島の植民地化と情報統制について触れられなかったことを反省の弁として書いたのだが、ただの言葉だけでは余りに情けなく、日本が朝鮮・韓国の情報通信を支配する過程を研究し始めた。それは大ざっぱにいえば、(1)西欧資本への依存による拡張、(2)拡張過程における軋轢、(3)自立的拡張と朝鮮情報通信の併合という三つの段階があったと考えているのだが、今回は(2)拡張過程における軋轢について話したい。具体的には日清戦争と日露戦争の戦間期であり、この時期の日本の通信拡張が韓国の抵抗、ロシア・清国との対立のなかで曲折しながら進行することを明らかにする。


[PR]

by sjcs | 2015-12-01 23:00 | →関連研究会のご案内

(関連研究会のご案内)立教大学「市場の地域性」研究会

関連研究会のご案内です。問い合わせは、下記連絡先にお願いします。
-----
国立台北大学の蔡龍保先生が,7/10~8/8(30日間)の日程で立教大学経済学部の招聘研究員として来日されます。それにあわせて、下記の2回,蔡龍保先生の研究報告を実施しますので,関心のある方はご参集ください。

【2015年度第4回立教大学「市場の地域性」研究会】
  日時:7月14日(火)17時30分~19時00分
  会場:立教大学 12号館4階第2・3共同研究室
  題目:観光活動から観光産業へ―日本統治時代における台湾観光の産業化解析―
  ※終了後に歓迎会を実施予定(会場は後日アナウンス)

【2015年度第5回立教大学「市場の地域性」研究会】
  日時:7月29日(水)17時30分~19時00分
  会場:立教大学 12号館4階第2・3共同研究室
  題目:日本統治時期台湾総督府鉄道部の南進支援-広東省潮汕鉄道の敷設を例として-


[PR]

by sjcs | 2015-07-06 22:20 | →関連研究会のご案内

日本農業史学会2013年度研究報告会開催のお知らせ

 日本農業史学会2013年度研究報告会が以下の要領で開催されますので、御連絡申し上げます。
---
 日本農業史学会2013年度研究報告会のお知らせ

 前略 時下ますますご清祥のことと存じます。2013年度の日本農業史学会の内容が確定いたしましたのでお知らせ申し上げます。万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようお願い申し上げます。                                         敬具

                   記

日時 2013年3月28日(木)午前9:20より(昨年度より10分繰り上がっております)
場所 東京農業大学世田谷キャンパス1号館333教室
http://www.nodai.ac.jp/map/setagaya/index.html

1 個別報告

第1報告 9:20~10:05  
「植民地樺太の資源開発と移住者による農山漁村落の形成発展―1920・30年代を中心に― 」
中山大将(北海道大学スラブ研究センター・日本学術振興会特別研究員PD)

第2報告 10:05~10:50
「『世界農業遺産』の日本における展開―農業史の視点から―」
永田明(国連大学サステイナビリティと平和研究所)

休憩(10:50~10:55)

第3報告 10:55~11:40
「昭和戦時期における行政村の政策執行体制―長野県下伊那郡河野村・下久堅村の事例を中心として―」
坂口正彦(日本学術振興会特別研究員PD)

第4報告 11:40~12:25
「日本の農民はいかにして稲の新品種を育成したのか―耐冷・良食味米『亀の尾』の発見・育成過程を中心に―」
平野綏(元茨城大学)

昼食(12:25~13:20)

第5報告 13:20~14:05
「隣保相扶と町民動員―昭和13年阪神大水害における復旧・復興への町会活動を中心に―」
加藤尚子(独立行政法人農業環境技術研究所)

2 シンポジウム 14:15~17:45  

テーマ:日本帝国圏における農業資源開発―「資源化」と総力戦体制の比較史―
座  長:「シンポ解題-課題と構成」
野田公夫(京都大学農学研究科)

第1報告:「『満洲』農業移民と北海道農法」
今井良一(親和女子大学非常勤講師)

第2報告:「 戦時期南洋群島における資源開発の変容―熱帯資源開発から軍事基地建設へ―」
森亜紀子(京都大学農学研究科博士課程)

第3報告:「戦時期華北における農業問題」
白木沢旭児(北海道大学文学研究科)

第4報告:「ナチス『帝国圏』における農業資源開発―戦時ドイツの食糧自給政策と『東方拡張0stexpansion』―」
足立芳宏(京都大学農学研究科)

3 総会

 報告会終了後、懇親会を予定致しております。是非ご参加ください。会費は4,000円(一般会員)・2,000円(院生会員)を予定しています。なお、会場準備の都合がございますので、事務局松本まで、emailにて3月4日までにご出欠予定をお知らせ願います。 以上


〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農業史研究室
日本農業史学会事務局
松本武祝/藤原辰史/戸石七生
amat@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
---
c0212042_1953872.gif

[PR]

by sjcs | 2013-02-16 19:06 | →関連研究会のご案内

日本移民学会2012年度ワークショップⅡ開催のお知らせ

 日本移民学会2012年度ワークショップⅡが以下の要領で開催されますので、御連絡申し上げます。
---
・日本移民学会2012年度ワークショップⅡ
「日本帝国崩壊期『引揚げ』の比較研究」

・ワークショップ趣旨

 日本の敗戦を前後する時期の国際関係の変化にともない、大日本帝国を構成した地域社会あるいは日本人社会が多大な変容を迫られるなかで、そこで暮らしてきた人びとが、従来の関係をどのように維持、発展あるいは切断し、生き延びようとしたのか、また権力政治に規定されつつもこれをどのように変化させようとしたのかを、「引揚げ」という行為を通して比較史的に検討する。

▶日時:2013年3月30日(土)13時~17時30分

▸場所:法政大学市ヶ谷キャンパス:外濠校舎5階S505 (下記の地図をご参照ください)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

・司会:木村健二(下関市立大学)

1.問題提起:今泉裕美子(法政大学)・・・・・・・・・・・・・ 13:00-13:10

2.「パラオ諸島における『引揚げ』」(1943~46年):今泉裕美子(法政大学)・・・・・・・・・ 13:10-13:40

3.「沖縄出身者の『引揚げ』-1945~46年を中心に-」
:榮野川 敦(うるま市史編纂室)・・・・13:40-14:10

4.「日系アメリカ人と国外退去(deportation)-強制立退き・収容政策再考-」(1945~46年):村川庸子(敬愛大学)・・・・・・・・・・・ 14:10-14:40

5.「在日朝鮮人の『帰国』-1945~46年を中心に-」:宮本正明(立教大学)・・・・・・・・・・14:40-15:10

6.「日本残留中国人-戦後の札幌華僑社会を築いた人たち-」:曽士才(法政大学)・・・15:10-15:40

休憩:20分

・コメント(16:00-16:30)
1.蘭 信三氏(上智大学)10分
2.貴堂嘉之氏(一橋大学)10分
3.野入直美氏(琉球大学)10分

・総合討論60分(16:30-17:30)
---
c0212042_16432990.jpg

[PR]

by sjcs | 2013-02-03 16:44 | →関連研究会のご案内

日本植民地研究会共催 研究会開催のお知らせ

 拝啓 初冬の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の要領で日本植民地研究会が共催致します、研究会につきまして、開催の御連絡を申し上げます。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

・日本植民地研究会共催・「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」研究会
・日程:2013年1月13日(日)13:30~17:00 
・場所:立教大学池袋キャンパス本館2階 1203教室(下記の地図を御参照下さい)

・趣旨説明 13:30-13:35 白木沢旭児(北海道大学)

・報告1:13:35-14:20
 劉含発(山形大学兼任講師)「日本人「開拓団」の入植による中国人の被害」

・報告2:14:20-15:05
 寺林伸明(北海道開拓記念館)「「満洲開拓団」の日中関係者に見る“五族協和”
の実態」

・休憩:15:05-15:15

・報告3:15:15-16:00
 辻弘範(北海学園大学)「在朝日本人の記憶と記録」

・質疑応答:16:00-17:00

<主催>
科研費基盤研究(B)「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」(研究代表者:白木沢旭児)

<趣旨説明>
 北海道在住の近代史研究者を中心に科研費基盤研究(B)「日中戦争下の中国東北農民と日本人「開拓団」との関係史、および残留帰国者の研究」(研究代表者:寺林伸明、平成18年度~21年度)という共同研究を行ってきました。本共同研究では、北海道民の満洲移民に着目し、日本人「開拓団」関係者、中国在住の「開拓団」所在地の現在の住民、残留帰国者など多数の方々に直接面会してインタビューを積み重ねてきました。その研究成果は、今年度末に研究成果報告書として刊行される予定です(別に科研費の出版助成も申請中)。
 昨年度からは、上記の科研を受け継ぐ形で、対象地域を朝鮮、樺太にも広げて基盤研究(B)「北東アジアにおける帝国のプレゼンスと地域社会」が開始され、今回の研究会はこちらの科研が主催となっております。
 今回の研究会はこれまで取り組んできた満洲移民に関する共同研究の成果2本と、今後、科研で取り上げる植民地朝鮮に関する研究報告1本です。これまでは札幌で集まっておりましたが、関東在住のみなさまのご批判も乞うべく東京にて開催させていただきました。
 日本植民地研究会のみなさまに厚く御礼申し上げます。
c0212042_13285147.gif

[PR]

by sjcs | 2012-12-04 13:30 | →関連研究会のご案内

近現代東北アジア地域史研究会大会 開催のおしらせ

 2012年度近現代アジア東北地域史研究会大会が以下の要領で開催されますので御連絡申し上げます。
--
・第22回近現代東北アジア地域史研究会大会プログラム

 日時 : 2012年12月8日(土) 10:00~18:00(懇親会18:30~20:30)
 場所 : 國学院大学渋谷キャンパス120周年記念1号館 1104教室[午前]/1103教室[午後]

  【午前の部】10:00(受付開始9:30)~12:10

1.「開会の辞」

2.個別報告 報告者(所属)「報告タイトル」1104教室(10:00~12:10)

 (1) 通堂 あゆみ氏(武蔵高等学校中学校教諭)
    「『帝大モデル』移植からみる植民地朝鮮の医界と学閥について」

 (2) 梅村 卓  (明治学院大学非常勤講師)
     大沢 武彦(国立公文書館 公文書専門官)
     松村 史紀(宇都宮大学国際学部講師)
    「『戦後満州』という問題設定(仮)」

  《昼 食 12:10~13:30》

  【午後の部】13:30~18:00

1.総会(事務局「会務報告」)(13:30~14:00)場所:1103教室

2.シンポジウム
・テーマ 「満洲国史研究の現状と課題-研究史の総括と今後の展望-」
 満洲国建国から80年が経過した現在、満洲国史研究はもはやジャーナリスティックな考察対象ではなく、学術研究の研究課題となっている。満洲国史研究がこれまで、どういう問題意識から、どのような課題を考察してきたのか、経済史、外交史、政治史の側面から検証する。そして、各報告者が考える、今後の展望について言及する。

(1).趣旨説明:塚瀬進(長野大学環境ツーリズム学部教授);14:00~14:20
(2).経済史:平山 勉(映画専門大学院大学准教授);14:20~15:05
(3).外交史:鈴木仁麗(早稲田大学中央ユーラシア歴史文化研究所招聘研究員);15:10~15:55
<休憩>16:00~16:20
(4).政治史;樋口秀実(國學院大學文学部准教授) ;16:20~17:05
(5).全体討論;17:05~17:45

3.「閉会の辞」

4.懇親会
 [時間]18:30~20:30(大会終了後)
 [会場]國學院大學若木タワー・有栖川宮記念ホール
 [会費]一般;5,000円、院生・学生;3,000円(予定)

 〔事務局〕
 〒186-8601 国立市中2-1 一橋大学経済学部 江夏由樹研究室気付 近現代東北アジア地域史研究会
  ※E-mailでのお尋ねは、広川佐保(hiros★human.niigata-u.ac.jp)宛にご連絡下さい。
   (送信の際は★を@に変更してください)。

【会場交通アクセス】
  渋谷駅(JR山手線・地下鉄・京王井の頭線・東急各線)から徒歩約13分
  ※大会会場:國學院大学渋谷キャンパス
c0212042_2054313.gif

c0212042_20542872.jpg

[PR]

by sjcs | 2012-12-03 21:04 | →関連研究会のご案内

2012年度秋季研究会 一部報告論題・司会者変更の件

 前略
 11月24日に立教大学で開催される日本植民地研究会秋季研究会におきまして、一部、報告論題と司会者の変更が行われますので、御連絡申し上げます。

報告1 13:00-14:30
  金 広植(東京学芸大学)
  「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」
  コメント/植野 弘子(東洋大学)  司会/飯塚 靖(下関市立大学) → 山本裕(香川大学)に変更。

報告2 14:45-16:15
  大熊 智之(日本学術振興会特別研究員/北海道大学・院)
  「近代日本における移植民教育の展開と拓殖大学」 → 「「植民学校」としての拓殖大学―その教育の特色と変遷」に、報告論題変更。

 以上です。
[PR]

by sjcs | 2012-11-22 17:16 | →関連研究会のご案内

2012年度秋季研究会開催のお知らせ

 拝啓 深秋の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の要領で本年度の秋季研究会を開催いたします。
 研究会終了後は懇親会を予定しておりますので,ご出席いただければ幸いです。
 また、会員でない方の参加も歓迎します。
 お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。

 また、春季研究会(2013年2月23日開催予定)、ならびに、2013年7月開催予定の全国大会での報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。

・2012年度秋季研究会
日時/11月24日(土)13:00~18:00
場所/立教大学池袋キャンパス 12号館地下1階 第2会議室(下記の地図を御参照下さい)

報告1 13:00-14:30
  金 広植(東京学芸大学)
  「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」
  コメント/植野 弘子(東洋大学)  司会/飯塚 靖(下関市立大学)

報告2 14:45-16:15
  大熊 智之(日本学術振興会特別研究員/北海道大学・院)
  「近代日本における移植民教育の展開と拓殖大学」
  コメント/飯窪 秀樹(横浜国立大学非常勤講師)  司会/安達 宏昭(東北大学)

報告3 16:30-18:00
  車 恩姃(一橋大学客員研究員)
  「在朝日本人の「小学校時代」―1930-40年代の京城を中心に―」
  コメント/橋本 みゆき(立教大学非常勤講師)    司会/井村 哲郎(国際日本文化研究センター)

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

c0212042_1655743.gif

[PR]

by sjcs | 2012-11-01 16:56 | →関連研究会のご案内

2012年度秋季・春季研究会 開催日程決定のお知らせ

 拝啓 盛夏の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 以下の日程で、2012年度の秋季・春季研究会を開催いたします。
 開催日程以外の情報が新たに決定次第、また、改めて御連絡申し上げます。
 また、秋季、もしくは春季研究会で報告を希望される方は、恐れ入りますが、一番下に記した連絡先(担当:当会事務局 山本)まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願いいたします。

・2012年度日本植民地研究会 秋季研究会
開催日:2012年11月24日(土)
開催時間:13時~18時(予定)
開催場所:慶應義塾大学三田キャンパス(予定)

・2012年度日本植民地研究会 春季研究会
開催日:2013年2月23日(土)
開催時間:13時~18時(予定)
開催場所:立教大学池袋キャンパス(予定)


■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)
[PR]

by sjcs | 2012-07-31 18:49 | →関連研究会のご案内

経営史学会中部ワークショップのお知らせ

 第55回経営史学会中部ワークショップが以下の要領で開催されます。

<日 時> 2012年7月14日(土) 13時30分~17時00分
<場 所> 名城大学 天白キャンパス 10号館 3階・第三会議室
      (地下鉄鶴舞線 「塩釜口」駅・1番出口・徒歩約8分)
  ・交通アクセス:http://www.meijo-u.ac.jp/guide/access.html
  ・施設案内:http://www.meijo-u.ac.jp/campus/shisetsu/tenpaku.html

<合評会>
1.谷ヶ城秀吉『帝国日本の流通ネットワーク』
            (日本経済評論社,2012年)をめぐって
   《報   告》  立教大学  谷ヶ城秀吉
   《コメント》  大阪大学  ばん沢歩

2.田中彰『戦後日本の資源ビジネス』
            (名古屋大学出版会,2012年)をめぐって
   《報   告》  名古屋市立大学   田中彰
   《コメント》   東北大学       菅原歩

【非会員の方も,ご自由にご参加下さい】
【共催:名城大学地域産業集積研究所/政治経済学・経済史学会東海部会】

★研究会終了後に,懇親会を開催します。ふるってご参加下さい。

経営史学会中部ワークショップ事務局
 466-8673 名古屋市昭和区山里町18 南山大学経営学部
 TEL 052-832-3111 FAX 052-832-2140
 e-mail okabe[アットマーク]iid.gr.jp
 担当幹事:岡部桂史(南山大学)

c0212042_1826656.gif

[PR]

by sjcs | 2012-06-01 18:29 | →関連研究会のご案内