日本植民地研究会 第24回全国研究大会開催のお知らせ

拝啓 春陽の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

以下の要領で第24回全国研究大会を開催いたします。
研究会終了後は懇親会を予定しておりますので、ご出席いただければ幸いです。
また、会員でない方の参加も歓迎します。
お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。よろしくお願いいたします。

第24回全国研究大会
日程:2016年7月3日(日)
場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階(※下の地図を参照)
費用
  年度会費:¥4,000(会員)
  大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
  懇親会費:¥6,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

※大会プログラム&共通論題趣旨はこちら

11:00 受付開始

Ⅰ.11:20-12:10  自由論題報告

 植民地朝鮮における河川調査と水害対策―1910-1920年代を中心に―
  報告 宮川 卓也(日本学術振興会)
  司会 清水 美里(日本学術振興会)

Ⅱ.12:10-12:40  会員総会

Ⅲ.13:45-18:00  共通論題:日本植民地研究の論点
    司会   千住 一(立教大学)

【代表理事挨拶】
 13:45-13:50
    須永 徳武(立教大学)
【問題提起】
  13:50-14:00
    谷ヶ城 秀吉(専修大学)
【報  告】
 ①14:00-14:30
   政治主体をどう論じるのか
    加藤 圭木(一橋大学)
 ②14:30-15:00
   帝国支配と人の移動
    細谷 亨(立命館大学)
 ③15:00-15:30
   アジア経済史と植民地経済史
    竹内 祐介(首都大学東京)

 ―15:30-15:40 休憩―

【コメント】
 ①15:40-15:55
   日本史研究と植民地
    吉井 文美(山形大学)
 ②15:55-16:10
   グローバル・ヒストリーと植民地
    脇村 孝平(大阪市立大学)
【質疑応答】
  16:20-18:00
c0212042_10493614.jpg

[PR]

by sjcs | 2016-07-06 23:41 | →全国大会・研究会

<< 『日本植民地研究』第28号発刊... 日本植民地研究会会則について >>