日本植民地研究会 第21回全国研究大会開催のお知らせ

拝啓 入梅の候、みなさまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

以下の要領で第21回全国研究会を開催いたします。
研究会終了後は懇親会を予定しておりますので、ご出席いただければ幸いです。
また、会員でない方の参加も歓迎します。
お知り合いの研究者や大学院生などにもご紹介いただければと思います。よろしくお願いいたします。

・第21回全国研究大会
・日程:2013年7月7日(日)
・場所:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館
・費用:2013年度会費:¥4,000(会員)
     大会資料費:¥1,000(非会員のみ)
     懇親会費:¥6,000(但し、非専任職・大学院生は、¥3,000)

10:10 受付開始

【自由論題】
報告1 10:30-11:20
大浜郁子 (琉球大学)
「近代日本による植民地政策の形成と「旧慣」調査― 田代安定「八重山群島殖民ノ目途」を中心として ―」
司会/春山明哲(早稲田大学台湾研究所)

報告2 11:20-12:10
飯倉江里衣(東京外国語大学・院)。
「「満洲」抗日パルチザン/満洲国軍へ参入した朝鮮人」
司会/木村健二(下関市立大学)

12:10-12:40 会員総会
12:40-13:45 休憩

【共通論題】「北東アジアの鉄道システムの崩壊と再編―帝国日本の敗戦とソ連の東アジア戦略」
司会/平山勉(慶應義塾大学(非常勤))

・代表委員挨拶 13:45-13:50 鈴木邦夫(埼玉大学)
・問題提起 13:50-14:00 加藤聖文(人間文化研究機構 国文学研究資料館)

報告1 14:00-14:40 麻田雅文(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
「スターリンの戦後北東アジア戦略と鉄道、1944-1950年:中国東北・北朝鮮・サハリンを事例に」

報告2 14:40-15:20 加藤聖文(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
「満鉄の解体と国共内戦下の留用問題」

休憩 15:20-15:30

報告3 15:30-16:10 林采成(ソウル大学)
「解放後北朝鮮における鉄道の再編とその運営実態」

コメント1 16:10-16:30
松村史紀(宇都宮大学)

コメント2 16:30-16:50
松本俊郎(岡山大学)

討論 16:50-18:00

懇親会 18:30-20:30 夜来香 FORMOSA 池袋店 TEL 03-3590-2773   

■問い合わせ先
〒760-8523  香川県高松市幸町2-1 香川大学経済学部 山本 裕
TEL (078)832-1841
E-MAIL yamamoto[at]ec.kagawa-u.ac.jp([at]を@に変えてお送りください)

※なお、当会では、春季研究会(2014年3月開催予定)の報告者を募集いたしております。
 報告を御希望の方は、上述の、事務局 山本まで御連絡下さいませ。
 よろしくお願い申し上げます。


c0212042_17333620.gif

c0212042_17321464.gif

[PR]

by sjcs | 2013-06-14 17:34 | →全国大会・研究会

<< 2013-2014年度役員 日本農業史学会2013年度研究... >>